Call us toll free:
Top notch Multipurpose WordPress Theme!

The difference creates
new values
その違い、価値を生んでいますか?
Slider

世界の企業で求められる研修プログラム

ヒューマンスキル・アカデミーでは、人間科学と思考傾向(=脳のクセ)からのアプローチを様々な研修のベースとしています。誰もが日常で無意識のうちに行っている思考には、人によってさまざまな傾向があり、それらは人の認知と行動の両方に直接影響を与えているからです。ひとりひとりの傾向や特性を活かし、人間科学、つまり人間の脳や身体の自然な働きをうまく使って、個人や組織の多種多様な課題をより迅速に解決し、明らかな成果へと導きます。


カレイドコンパスで可視化
https://Kaleidocompass.com

ヒューマンスキル・アカデミーでは、人の思考傾向(=脳のクセ)を可視化する科学的なメソッドを導入しています。

Kaleido Compass(カレイドコンパス)の「Kaleido」は、古代ギリシャ語で「Kalos=美」「Eidos=形作る」という意味。

ひとりひとりが持つ美しさをわかりやすく形にすることで、コンパスのごとく自分やチームの方向性が示される。万華鏡(kaleidoscope)のように、簡単に楽しく、個性の原点である思考傾向を測る、今までにない画期的なプログラムです。

2015年秋、3か国語でリリースして以来、世界中の多くの企業による導入が進んでいます。

テストは所要時間10~15分、LIFE(プライベート&素の思考傾向) JOB(職場での思考傾向) SPORTS(練習中、試合中の思考傾向)の3バージョンがあり、今もなお、進化を続けています。

自分を知る

あなたの(無意識な)コミュニケーションスタイル、行動パターン、情報収集のクセを明らかにし、適性や強み、対人関係の特徴を可視化します。思考傾向を分析することによって、さまざまな人間関係の悩みを解消するだけでなく、自分の強みを組織の中で発揮し、自分の特性を生かしてパフォーマンスを上げることが可能になるのです。また、思考傾向は性格ではないので、必要に応じてトレーニングでて変えることも可能です。 人によって、職場とプライベートで思考傾向が大きく変わる人もいます。カレイドコンパスでは LIFEバージョンとJOBバージョンを比較して潜在能力を見つけ出したり、ストレスの解消を図ることもできるのです。まずは楽しく始めてみませんか?

相手を知る

 

自分の特徴を理解したうえで、今度は相手と比較してみましょう。なぜある人とはうまくコミュニケーションが取れ、別の人とズレるのか、その理由がわかります。さらに、気があっても同じ落とし穴に落ちる相手や、一件合わないと思っていても実はいい補足関係にある人なども明らかになるのです。相手のコミュニケーションスタイルや行動パターンの傾向と自分のを分析することによって、より効果的な仕事分担はもちろん、モチベーション、パフォーマンスUPをより効果的に引き出せる評価や指示のヒントがたくさん得られます。この発見によって、人間関係がよくなり、ストレスチェックの結果が大幅に改善されるケースも多々報告されています。

チームを知る

チームの比較をすると、チームまたは組織の状況、カルチャー風土が明らかになります。チーム全体としてバランスが取れているか、チームの仕事にあった思考傾向が強いか、チーム内でコミュニケーションや情報入手の仕方に大きなズレはないかなどが明らかになるのです。近くに位置する人は話が合いますが、同じ落とし穴に落ちやすい、その一方で、一人だけ極端に違う人は浮いてしまう可能性がありますが、実は組織が落としがちな情報を拾ってくれる貴重な存在だということが分かります。チームの仕事を効率的かつ効果的に進めるために、チーム内の適材適所を見極めることはもちろん、チーム内の人間関係の問題や葛藤の本当の原因を知り解決するだけでなく、起こりうる葛藤を事前に予測し防ぐことも可能にするツールをぜひお試しください。

<カレイドコンパス導入の効果&使 い方>

◆自分の強み、個々の違いを知る
 (ダイバーシティ&インクルージョンのベース)

◆思考パターンや傾向、行動のモチベーションなどを可視化
 (適材適所&リーダーシップ)

◆カルチャー分析(グローバル、組織風土)

◆診断結果を元に的を絞ったトレーニングが可能
 (潜在能力発見並びにトレーニング成果チェック)

◆ハラスメント、ストレスなど諸問題を未然に予防・離職率の低下

◆思考傾向にあったモティベーション、リーダーのタイプと育成

◆個人・組織双方の幸福度UP⇔エンゲージメントレベルの向上

◆キャリアコンサルティング、適材適所マネジメント

マネジメント

・チームつくり、組織統合編成等の際のマネジメント

・ダイバーシティーマネジメント(男女、世代、カルチャーの差など)

・リーダー、マネージャー素養の診断とトレーニング

・コミュニケーションによるギャップ、不和の原因分析と解決トレーニング

・ストレスチェックの後の対策(真の原因解消と予防)

・ハラスメント対策

・組織内人間関係、パフォーマンス低下の原因分析並びに解決

・キーパーソンの診断並びにコーチング

タレントマネジメント

・自律型人材

・対人支援人材

・営業職(商品、業種別)の適性

・リーダー素養

・イノベーションを起こせる人材の発掘

・的を得たトレーニングを決める際のヒント

・様々な適材適所マネジメント

人事・採用

・採用、希望する人材の発掘

・トレーナーリクルート広告の改善

・ジョブ・ディスクリプション(業務内容にふさわしい思考傾向の分析)

・ストレス予測、予防、解決のためのトレーニング キャリア・アセスメント

カレイドコンパスの3バージョン

<1.LIFE>
素の思考傾向を可視化。家族、親子間、人間関係の問題解消。 潜在能力、ストレス原因の見極め(JOBバージョンと比較)

<2.JOB>
職場に特化した思考傾向を可視化。コミュニケーションスタイル 適性や強み、モチベーション、職場の人間関係、ストレス改善

<3.SPORT>
練習中と試合中の思考傾向を可視化。より効果的なトレーニング、 本番で力が発揮できない理由、パフォーマンスUPの方法を明らかに。


IDコンパス・より多くの思考傾向分析ツール

ヒューマンスキル・アカデミーはドイツで生まれたIDコンパス、思考傾向テストの日本代理店でもあります。

IDコンパスもカレイドコンパスと同じく、すべての人が持っている無意識な脳のクセを分析することによって、コミュニケーションスタイル、行動パターン等を可視化し、それによって人間関係の改善、適材適所、モチベーションのUPなどを図るためのツールです。 カレイドコンパスが、より多くの人に日常最もよく使う思考傾向を知って実際に使ってもらうことを第1の目的にしているのに対し、IDコンパスはより専門的な立場にある人にさらにより多くの思考傾向を分析してもらうことによって、組織の中での専門性を高めることを目的としています。それぞれの意図に合わせて、二つを組み合わせて使って頂くことも可能です。

IDコンパス

もどる